自営業は好きなことを仕事にすることが重要

好きな事でないとうまくいかない時に続けるのは難しい

自営業(個人事業)で何かを始める場合は、自分が絶対に飽きることなく一生夢中になれるものの中で将来性もある仕事を選ぶことが大事です。なぜかというと、ビジネスというのは上り調子で業績が上がる局面もあれば、逆に高い確率で何らかの事業により長い低迷期を迎える時期もあるからです。そして、うまくいっている時は高いモチベーションを保って楽しく仕事が出来るものの、伸び悩んだり業績が下落すると簡単にモチベーションが落ちてしまいます。そんな時でも自分の好きなことであったモチベーションを保てる可能性が十分あるものの、将来性の高さだけで選んだ興味のない仕事であると毎日憂鬱な気分が延々と続く可能性があります。そして、何か勉強しなければならないことがあっても勉強する気すら起きない事態に追い込まれる可能性もあります。

好きなことを勉強する上に節税にもなる

好きなことを仕事にすることのメリットは経費面にもあります。仕事を始める前から好き好んで本を読んで知識を深めてきたような分野であれば、開業前は全額自己負担だったものを経費として計上することが出来ます。そのため、もっと知識を深めたいと思った時、ある程度節約を意識することなく資料を買う気になれます。また自分の個人的な買い物か仕事の資料か微妙なものに関しては全額経費にはできないものの按分にて1/2を経費として計上することができます。その他、私生活に関する買い物や旅行なども嘘偽りなく本当に仕事にも役立つものであれば、何割かを経費として計上することも許されます。そういった意味で、もともと本当に好きだった分野を仕事にしてしまうことは、経費・節税の面からみても高い効果があります。

フランチャイズへ加盟する際には、資料請求や説明会への参加などを通して情報収集に努めることで、より魅力的な加盟先が見つかります。