転職で行われる適性検査とは?その特徴と種類について

企業はどうして、適性検査を行うのか?

転職の現場では「適性検査」を導入している企業が少なくありません。昔は面接と簡単な筆記試験のみで採用をするケースが多かったですが、今現在は新卒の採用だけでなく、転職による中途採用の場合でも適性検査を行うケースが多いです。適性検査を行う目的はズバリ、本当に自社にとってふさわしい人間かどうかを、的確に判断するためです。面接や筆記試験でもある程度の判断はできますが、仕事に対する適性については判断が難しいケースも多いです。そこで適性検査を導入することで、自社に合っているかどうか判断しやすくなるのですね。また適性検査を行うことで、将来的な可能性や改善ポイントなども見えてきます。さらに、社内の部署やポジションについての適性も、判断することが可能です。応募者をより深く厳選するためにも、適性検査は欠かせない手段と言えるかもしれません。

適性検査の種類について

転職における適性検査は、性格検査と能力検査の2つに大別できます。性格検査については、Y-G性格検査やクレペリンなどの種類があります。Y-G性格検査は心理学の考え方に基づいて作られた検査で、質問に対して「はい」か「いいえ」で答えていきます。これにより、受験者の性格の特徴や、抑うつ性などを客観的に判断することが可能です。一方クレペリンは、特殊な数列の計算によって、処理の性格さや作業時の癖などを見極める検査となります。これらの検査により、慎重に仕事を進められるタイプなのか、大雑把で大胆な行動を起こす傾向があるのかなどが解かります。

就活では筆記試験のほか、個人の特性を理解する目的で適性検査が行われます。自社に適しているかどうか、様々な尺度から調べるのです。会社により、合否に関わることもあります。