優良企業にとって、今や常識!社員教育のための3つの要

定額制社員研修を取り入れる

これは、外部の社員研修を各企業がそれぞれ役立つ研修を選定し、定額制で受けられるものです。これにより、内部の人間が研修の計画を立て、研修書類を作成し、研修場所の確保、などといった時間を使わずに社員の教育ができるわけです。さらに、新人用の研修はもちろんのこと、中堅社員用の研修を用意されていることから、中だるみしやすい中堅社員の意識UPにも一役かっています。

ストレスチェック制度

平成27年12月に施行されたストレスチェック制度。定期的に、労働者のメンタルヘルスにおいて不調がないかをチェックし、個人や集団で検査結果を分析することで、ストレスの状況に気づきやすくする為の制度です。これにより、職場環境の改善につながり、メンタルヘルスの不調による社内ダメージを未然に防ぐ事ができます。また、チェック実施者向けのサポートダイヤルも開設されているので、担当者自身の負担も軽減でき、企業の宝でもある人材を守ることができます。

内定者フォローをおざなりにしない

昨今の新卒採用では、売り手市場になりつつあり、新卒内定者の5割~6割は入社を辞退しています。そこで大切なのが内定者へのフォローで、実際、企業の未来を支える人材を守ろうと、様々な企業が工夫を凝らした内定者フォローを行っているのです。内定を獲得した学生アンケートによると、約7割が内定者同士の懇談会や研修を希望しているようで、新卒採用者となる者同士の絆を深めておきたい、といった意志を感じます。今後ますます、企業側にはこうした内定者の思いに耳を傾ける努力が必要とされるでしょう。

社員教育は、企業が社員に行うもので、仕事遂行や会社を代表した立ち振る舞いを行うために必要であり重要です。企業によっては研修会社に委託するところもあります。