社員研修をやる意味とは!何のためにやるの?

社員研修の目的は何?

社員研修の目的は新入社員などにビジネスマナーなどの基本、社会人スキルの習得などを目的としています。取引先などのお客さまに失礼のないようにするために社員研修は需要になります。また企業において社員研修を行うことにより、求める人材の育成を早期にすることで即戦力へと成長させることです。新入社員の場合はまだ学生気分が抜けていないこともあるため、社会人としての自覚を促す目的もあります。新入社員研修の期間については1日から2~3週間の場合がほとんどですが企業により異なります。また中途採用場合も同様に早く企業に慣れてもらい、即戦力として働いてもらうために社員研修を行うこともあります。

社員研修がる方が安心できる

新入社員の場合は初めて社会人として働くため、研修を行うことで早く企業に慣れることができます。しっかりとマニュアルに疎って研修するため、効率よく社会人としてのスキルを身に着けることができます。大手のような巨大な企業の場合は、研修がないと効率よく働き、コミュニケーションをとることが難しくなるため、社員研修はとても重要になります。

新入社員研修の種類とは

新人研修と言ってもいくつかの種類に分けられます。
まず「座学」とは講師の話を聞いて説明で研修を行うことを言います。
「グループワーク」とは、研修生を複数人でグループ分けをして、課題に対しての対処法に取り組んだりします。
「合宿」は企業によって様々ですが、数日宿泊することで研修に集中できたり、規則や規律を守るように意識を向けることができます。

管理職研修では特に労務管理についての研修を行うことが重要です。働き方改革が叫ばれる世の中でブラック企業とならないためには、管理者一人一人が労働基準法の知識を身に着けて管理していかなければなりません。