M&Aの手法や判断基準の必要性などを詳しく解説!

M&Aには合併や株式譲渡などの手法がある!

M&Aとは、他の企業を自社に吸収させて一つに統合したり、他の企業の事業や株を買収する事を指します。一般的にM&Aは、企業や事業の経営権を獲得する事をいい、手法には合併や株式譲渡などがあります。一方、経営権を取得しないまでも、資本や業務面で協力していく関係を築く行為もM&Aであると言われています。
M&Aの成立はその手法によって異なってきます。例えば合併の場合、日本では会社における組織の再編成として定められているので、契約を結んだ後に会社法に沿った手続きを行えば成立します。また株式譲渡の場合は、株式を譲渡する側と受け取る側の間で合意した条件に沿って契約を結び、その契約に基づいて株を譲渡して譲渡対価を支払えば成立します。

明確な投資の判断基準が必要!

M&Aの大まかな流れとしては、一般的に戦略を立てて対象企業を選び、最終合意をするというプロセスとなっています。M&Aのプロセスを迅速かつスムーズに進めて、問題なく成功させるには投資の判断基準をあらかじめ明確にしておく必要があります。
M&Aを行う判断基準とは、投資をするかしないか、する場合はどの程度までするべきかなどについて事前に企業が定めてある基準です。通常、投資をするかどうかの判断はM&Aの当事者である企業ごとの判断に委ねられます。
M&Aを実行させる際は、その投資効率を上げるためにはっきりとした投資の基準を設けておく事が必要不可欠です。あらかじめ基準を決めておき、社内で共有しておく事で、相手企業への説明責任や交渉の際の意思決定などでは大いに役立つ事でしょう。

M&Aとは、複数の企業がそれぞれの強みを生かしあい協力するために提携することです。企業体質が高まり利益が出しやすくなる特徴があります。