どうやったらうまくいくの?悩みの事業承継

廃業の理由の多くが後継者不足

日本では現在、新規開業件数に比べて廃業件数の割合が年々増加しています。これは決して景気が悪いというわけではなく、その理由の多くが経営者の高齢化と後継者がいないからです。これは考えてみれば当たり前の事です。日本は人口減少社会になっているのですから、過去よりも相対的に経営者になる人が少なくなっていてもおかしくはありません。しかし、赤字でもない事業が消えていくというのは何とももったいない話です。それではどうすれば円滑に事業承継出来るのでしょうか。

この会社を残す、のではなくこの事業を残すと考える

企業というのはある事業を行って利益を上げる組織です。組織にはリーダーがいて構成員がいます。日本では株式会社が非常に多く、一説では900万社もあると言われています。中小企業の問題点としては事実上個人経営であるという点です。企業と家庭がイコールの関係にあるので、会社も子供に受け継ぐもの、という意識が高いのです。しかし大企業を見てみれば資本と経営は分離していて、これが本来あるべき企業の姿です。制度的にも資本と経営が分離出来るように株式会社というものはなっています。ですから、事業承継には必ずしも子供の存在は必要ない事をまず認識すべきでしょう。

資本は手許にして経営を任せる

株式会社は本来、資本と経営を分離させるためのものですので、事業承継に悩んでいる事業主の人はまず自身が資本家になって経営を誰かに任せるというふうに分けて考えるようにしましょう。そうすると道は開けます。その事業内容自体にはまだ魅力があるのであれば、興味を示す経営者はきっと見つかります。もし合意出来れば他社と合併するという事も可能です。そうすれば資本は手許に残したまま事業を円滑に承継することも出来るのです。

円滑に事業承継を行うためには、早い段階から後継者選びを行っておくなど事前の準備をしっかりしておくことが大切です。